●“SMIG”スタートアップ懇親会のご案内

どうしよう!外国人の患者だ!!

そう思ってしまう医療従事者の方のため、静岡医療機関のグローバル化を目標にした医療従事者サークルを開始します。

第1回スタートアップミーティングには、ご主人のお仕事の都合によりファミリーで来日されているインド人の女性を招いて、懇親会を行います。

詳細は、以下をクリックして、パンフレットにてご確認ください▼

(第1回)SMGI懇親会チラシ

業種別の懇親会で、習う英語のフレーズも実践で使えるものとなっております。

☑英語が好きな方

☑国際交流に興味のある方

☑医療英語に興味のある方

☑外国人に対応できる医療従事者になりたい方

そんな方は、ぜひお越しください♪♪

▼以下、3/10に追記▼

懇親会内容の詳細について、問い合わせを頂いておりますので、以下に詳細を案内させて頂きます。

まだ、予約枠に空きもありますので、ぜひ、お仲間をお誘いあわせの上、ご来場ください。(3/10現在)

≪懇親会内容詳細について≫

〇演題1:取り巻く環境を知ろう

・静岡在住の外国人人口推移

・外国人の声 ~医療機関で困ったこと~

〇演題2:明日から外国人患者のためにできる事

・医療機関のグローバル化をすすめている施設の事例紹介(高山赤十字病院、静岡市内クリニック・薬局など)

・すぐに使える参考ツールの紹介(多言語問診票、翻訳アプリ、海外の薬の検索方法など)

 

〇英語研修(外国人講師):職業別 医療現場で使える英語フレーズの学習&ロールプレイ練習

 

〇質疑応答・自由ディスカッション

●演者:八木 里香

薬剤師。大学卒後、医薬品の開発業務に携わり、渡米をきっかけに退職。米国滞在中、体調を崩し、医療機関で言語や費用面の不安から強いストレスを感じた。帰国後、薬局に勤務、現在に至る。静岡在住外国人も以前の自分同様、病気やケガの時に苦労している事を知り、外国人患者・医療従事者間のバリアフリー化を目指して活動。

●外国人講師:Durba Roy               

英語講師。静岡在住の一児の母。

研究員である配偶者の仕事の関係で世界各国を転勤して生活。子供がまだ幼く、急な発熱や体調不良時、医療機関にかかるが、そこで、苦労したり、困ったりした事があった。本活動に賛同し、外国人講師として協力。台湾人・日本人等へ英語を教えた経験も豊富で、丁寧で分かりやすい講師として評判。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どこまでやれるかは、未知数ですが、TOKYO2020のグローバル化の波に静岡でのって、静岡医療機関改革を目論んでいきたいと思います。笑

第一回、懇親会のお申し込み、SMIG* メンバー参加申し込みは、こちらから▼▼

https://goo.gl/forms/wdFgWe6z4PcuXzKt2

*静岡医療機関グローバル計画を目指した医療従事者サークルです。(SMIG=Shizuoka Medical Institute Globalization)