渡航前の準備(医療編)

長期・短期に関わらず海外に滞在するという事は、何事においても、『万が一に備える』という事が、とても重要になってきます。
日本にいれば、病院を受診する事や、ちょっと受診した医療費の支払いについて心配する事等は少ない人が多いでしょう。ただ、これからあなたが行くのは海外!!
『医療制度』も、文化や宗教の違いより『医療制度に対する考え方』も、ましてや『罹患する可能性のある病気』も異なってくるところです。
日本にいる準備段階での対応がとても大切です。

本コラムでは、海外滞在予定の方、もしくは既に滞在中の方でも、『医療面での万が一』に備えて、あなたが準備しておく項目について確認してみましょう。

① 情報収集(滞在先の衛生状態や気候、医療機関、感染症の流行について)

バックグランドの情報収集
滞在先の衛生状態や気候により流行する感染症が異なります。それによって、準備段階で接種していくワクチンや、日本にいる間に準備しておきたい常備薬や衛生用品なども異なってきます。

医療機関受診のための情報収集
滞在先の医療制度、医療機関などについては、あらかじめ把握しておきましょう。国内であらかじめ医療保険に入った場合でも、使える医療機関がそばにあるのか、保険会社などに現地で立て替え支払いが必要か、医療機関までの交通手段なども確認しておきましょう。

②渡航外来受診や健康診断の受診

検診受診
渡航前に、かかりつけ医、もしくは渡航外来で健康診断を受診しましょう。年齢や持病にもよりますが、医師に海外に行くことを話し、少し入念にしておくとよいでしょう。また、忘れがちですが、歯科の検診も行う事をお勧めします。

ワクチン接種
ワクチン接種歴を確認し、必要なワクチンを接種しましょう。お近くに渡航外来があれば、渡航外来への受診がお勧めです。ワクチンの種類によって、すべて自費となるもの、公費で補助が出るものなど、年齢などによっても規定が異なってきます。会社を通しての海外赴任であれば、会社が補助してくれるものもあります。過去のワクチンの接種歴は、年代や保護者の方針により異なります。必ず母子手帳で確認しましょう。
なお、既に海外滞在中であったり、時間がないのでオンラインで先に相談したりしたいと言った場合には、当店のプライベートセッションをご利用ください。
※ 渡航外来については、日本渡航医学会認定医療職一覧を参照。

③医療用個人情報(既往歴・併用薬・アレルギー歴等)を伝えられるように対策

適切な医療を受けるための準備
持病や併用薬等のメディカルヒストリーは、適正な医療を海外で受けるため、現地の医療機関で伝える必要があります。ただ、かなりの語彙力をもっても、メディカルヒストリーや併用薬を話すことは、かなり難しいものです。さらに併用薬については、海外の医師に日本の薬、その物を見せても、何の薬か分かってもらえないことがほとんどです。海外で適切な医療を受けるためにも、併用薬・既往歴・アレルギー歴等の医療用個人情報シートは用意しておくようにしましょう。
当店では、日本語版と英語版の両方で既往歴や併用薬等、個々の医療用個人情報を作成するサービスを提供しております。

④軽傷・軽症には自分で対応できるように準備

衛生用品の購入
日本の衛生用品はクオリティが高いです。海外で欲しいと思ってもなかなか手に入らないこともあります。滞在場所と滞在期間にもよりますが、日本でそろえておきたい便利な衛生用品を記載しています。参考にしてください。

[準備しておきたい衛生用品]

ティッシュ、ウェットティッシュ、爪切り、耳かき、綿棒、ピンセット、バンソコウ、ガーゼ、コットン、生理用品、体温計、滅菌シート、マスク、経口補水液(OS-1や粉ポカリスエット等でもOK)、虫刺され対策グッズ、日焼け止め対策グッズ、冷却シート、ホッカイロなど

常備薬の準備
持病に対する医師に処方してもらった薬の他、OTCとして販売されている以下の薬剤を持って行くと、万が一の時も安心です。

[準備しておきたい医薬品(OTC)]

解熱鎮痛剤:(成分名)アセトアミノフェン、ロキソプロフェン、イブプロフェンなど
整腸剤:ビオフェルミン
総合感冒薬:体調を崩す時に「鼻水から、咳から、咽頭痛から」など人によって症状は様々なので、一番合ったものをドラッグストアで薬剤師・登録販売員と相談して購入するとよいでしょう。
下痢止め:(商品名)ストッパ下痢止め、
酔い止め:(商品名)トラベルミン
抗アレルギー薬:(商品名)アレグラ、アレジオンなど
保湿剤
ステロイド(塗り薬)
抗生物質(塗り薬)

※当店のプライベートセッションでは、個々の既往歴や併用薬、「喉が弱い」「肌が弱い」「お腹が弱い」などの個々のお客様のコンディションを確認させて頂き、個々に合ったOTCリストを作成させて頂くことも可能です。お気軽にご相談ください。

私自身、海外での生活経験があり、現地で病気に罹患し、『渡航前にもっと準備しておけばよかった。』『当時を振り返ると、本当に病気で辛い中、不安で仕方なかった。』との思いより、現在の薬剤師の経験を活かし、現在、世界中の日本人に対して健康サポートサービスをオンラインで提供しております。
ぜひ、本コラムや当店のサービスが、みなさんの海外滞在を、より快適で、健康に過ごせる一助になれば幸いです。